Sample Company

『学術の動向』連載「日本学術会議を知る」

2022年6月14日更新
『学術の動向』では、2021年4月号より連載企画「日本学術会議を知る」が始まりました。
今までに掲載された内容については下記をご覧ください。 
 1.   2021年 4月号     「日本学術会議を知る」の連載の開始にあたって
   政府と科学者との建設的な対話 / 吉川弘之
 2.   2021年 5月号     日本学術会議、世界の科学者のネットワーク / 黒川 清
 3.   2021年 6月号     戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義 / 春日 匠
 4.   2021年 7月号     SDGsとコロナパンデミックによる科学的助言のパラダイム転換と日本学術会議 / 有本建男
 5.  2021年8月号     科学者コミュニティーと科学者の社会的責任──日本学術会議の制度・理念・活動 / 広渡清吾
 6.  2021年9月号     日本学術会議改革と女性会員 / 井野瀬久美惠
 7.  2021年10月号     アカデミー史の中における日本学術会議 / 隠岐さや香
 8.  2021年11月号     行政改革(1996-1998)と日本学術会議 / 加藤陽子
 9.  2022年1月号     わが国の科学者の代表機関としての日本学術会議 / 小沼通二
 10.  2022年2月号     産業界としてのわが国の科学技術政策への提言 / 須藤 亮
 11.  2022年3月号     総合的かつ独立に ──日本学術会議の近年の活動から / 杉田 敦
 12.  2022年6月号     何がためのアカデミー / 原山優子