Sample Company

学術の動向

日本と世界の学術の動向、日本学術会議の状況、内外で開催される学術講演、シンポジウムの情報を満載。

 編集 『学術の動向』編集委員会     
 編集協力  日本学術会議
 発行   公益財団法人日本学術協力財団
 定価   777円(消費税8%・送料込)
 年間購読料   8,230円(消費税8%・送料込)

『学術の動向』のJ-STAGEでのページはこちらからどうぞ。

最新号のご注文はAmazonでの注文開始に時間がかかるため、財団に直接お申し込みください。
こちらからどうぞ。

最新号

2019年2月号  





表紙の顔
  • ・本庶 佑 博士 / 岡崎 拓

特別企画特集
本庶佑博士の2018年ノーベル生理学・医学賞受賞
  • ・特集の趣旨 /  石川冬木
  • ・PD-1研究の動向 / 岡崎 拓
  • ・PD-1免疫チェックポイント阻害剤とがん免疫治療─アカデミア創薬の役割 / 田中義正・湊 長博
  • ・PD-1経路を標的にしたがん治療の躍進 / 濵西潤三
  • ・PD-1の発見が臨床腫瘍学にもたらしたもの / 林 秀敏・中川和彦

特集
AIとIoTが拓く未来の暮らし─情報化社会の光と影─
  • ・特集の趣旨 / 德山 豪
  • ・つながることの影と光 / 土井美和子
  • ・AIから量子コンピュータまで先進技術による社会の変革 / 久世和資
  • ・深層学習とその意味するもの / 丸山 宏
  • ・AI時代の学校教育の在るべき姿とは / 堀田龍也
  • ・東北メディカル・メガバンク計画の目標と進捗状況 / 檀上稲穂・山本 雅之

特集
エネルギー科学技術教育の現状と課題
  • ・特集の趣旨 / 鈴置 保雄
  • ・エネルギー・科学技術教育の現状 / 藤本 登
  • ・理科の実践事例 / 大谷健一郎
  • ・エネルギーに関する意思決定能力を育てるための社会科の実践事例 / 関谷文宏
  • ・技術の実践事例 / 河野卓也
  • ・参加型エネルギー教育プログラムの実践事例 / 柳下正治
  • ・エネルギー教育の課題と展望 / 山地憲治
  • ・フォーラムの総括 / 秋澤 淳

SCJ提言要旨
  • ・ハッブルの法則の改名を推奨するIAU決議への対応


編集委員会から
  • ・次号予告
  • ・特集予告
  • ・編集後記

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。