Sample Company

学術の動向

日本と世界の学術の動向、日本学術会議の状況、内外で開催される学術講演、シンポジウムの情報を満載。

出版物発送についてのお知らせ
 編集 『学術の動向』編集委員会     
 編集協力  日本学術会議
 発行   公益財団法人日本学術協力財団
 定価   792円(消費税10%・送料込)
 年間購読料   8,383円(消費税10%・送料込)

『学術の動向』のJ-STAGEでのページはこちらからどうぞ。

『学術の動向』の連載企画「学術の風景」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「地区会議の動向」はこちらからどうぞ。

最新号のご注文はAmazonでの注文開始に時間がかかるため、財団に直接お申し込みください。
こちらからどうぞ。

最新号

出版事業―『学術の動向』2022年11月号 

2022年11月号(第27巻第11号 通巻第320号)
    学術の動向2022年11月号(Amazon)  




表紙拡大

表紙の画
・相田美砂子

特集
日本の多様性─地域の視点から─
  • ・特集の趣旨 / 相田美砂子
  • 第1部 日本の地域差をデータから見る
  • ・心理尺度のデータから見た性格(パーソナリティ特性)の地域差 / 吉野伸哉
  • ・国立大学の分野別入学者(男女別)における地域差 / 相田美砂子
  • 第2部 地方発の産学連携/地域連携の取組事例
  • ・アクセシビリティリーダー育成プログラム(広島大学) / 山本幹雄
  • ・健康づくりのキーワードとしてのdiversity──青森県の短命県返上活動から / 中路重之
  • ・愛媛大学南予水産研究センター──地域発の産官学連携レジデント型研究 / 松原孝博
  • 第3部 研究の多様性
  • ・ナショナルバイオリソースプロジェクトとオオムギ遺伝資源 / 佐藤和広
  • ・共同利用・共同研究拠点 拠点ネットワーク「放射線災害・医科学研究拠点」 / 田代 聡
  • ・サイエンスマップから見た日本の研究の多様性──現状と課題 / 伊神正貫
  • まとめ
  • ・「日本の多様性─地域の視点から─」企画総括 / 相田美砂


特集
チバニアン、学術的意義とその社会的重要性
  • ・特集の趣旨 / 西 弘嗣
  • ・Chibanianの学術的意義、社会への広がり、および哲学的背景 / 北里 洋
  • ・Recent Developments in Quaternary Stratigraphy / Martin J. Head
  • ・チバニアンGSSPの特徴と、その学術上の意義 / 岡田 誠
  • ・地質年代区分の国際基準(GSSP)と人新世 / 齋藤文紀
  • ・基礎自治体の立場からの学術研究支援について / 小出譲治
  • ・理科教科書に於けるチバニアンの取り扱いについて / 川辺文久
  • ・地学教育におけるチバニアン──SDGs実現のために / 久田健一郎


SCJトピック
  • ・S20コミュニケ(共同声明)の公表


学術の風景 Vol.32

学術の周辺
  • ・S20コミュニケ(共同声明)


編集委員会から
  • ・特集予告
  • ・次号予告
  • ・編集後記 / 狩野光伸


バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。