Sample Company

学術の動向

日本と世界の学術の動向、日本学術会議の状況、内外で開催される学術講演、シンポジウムの情報を満載。

 編集 『学術の動向』編集委員会     
 編集協力  日本学術会議
 発行   公益財団法人日本学術協力財団
 定価   777円(消費税8%・送料込)
 年間購読料   8,230円(消費税8%・送料込)

『学術の動向』のJ-STAGEでのページはこちらからどうぞ。

『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。

最新号のご注文はAmazonでの注文開始に時間がかかるため、財団に直接お申し込みください。
こちらからどうぞ。

最新号

2019年8月号
     



表紙の画
  • ・増子泰弘

特集
生活時間と健康
  • ・特集の趣旨 / 本間さと
  • ・生物時計と体のリズム / 金 尚宏・深田吉孝
  • ・生活リズムと時差 / 本間研一
  • ・社会的ジェットラグと睡眠 / 三島和夫
  • ・時間生物学的労働負荷を題材とした政策に伴う健康影響の制御に関する考察
      ─Health Impact Assessment / 久保達彦・藤野善久
  • ・日本の住宅の室内気候の実態
      ─温熱環境と季節変動 / 堀越哲美

特別企画JAPAN PRIZE
授賞業績
  • ・岡本佳男 博士
  • ・ラタン・ラル 博士
  • ・受賞記念講演会

科学と社会――科学者の集まり7
  • ・日本における文系・理系の分断?
      ──歴史的視野から振り返る / 隠岐さや香
  • ・総合討論

「科学と社会研究会」(科学者の集まり)についてはこちらをご覧ください。

学協会の今――社会と向き合う11
  • ・一般社団法人日本土壌肥料学会の取り組み / 犬伏和之

『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。

SCJ 提言・報告要旨
  • ・ゲノム医療・精密医療の多層的・統合的な推進
  • ・高等学校の生物教育における重要用語の選定について(改訂)


編集委員会から
  • ・特集予告
  • ・次号予告
  • ・編集後記

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。