Sample Company

出版事業―『学術の動向』2019年10月号 

2019年10月号(第24巻第10号 通巻第283号)
     




をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。

表紙の画
  •  那須民江

特集
持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた環境リスクを考える
 -有害物質と私たちの健康と生活
  •  特集の趣旨 / 那須民江
  • 第一章 過去の環境リスクの事例解析からの学び
  •  水俣病 / 村田勝敬
  •  イタイイタイ病:公害病認定後50年間の住民による環境再生の闘いとその成果 / 青島恵子
  •  土呂久砒素中毒 / 黒田嘉紀
  •  四日市公害から学ぶ環境政策と国際環境協力 / 朴 恵淑
  •  我が国で発生した公害から学んだこと / 野原恵子 ・ 秋葉澄伯 ・ 石塚真由美 ・ 那須民江
  • 第二章 今、世の中が注視している環境問題
  •  わが国の製品中有害化学物質の管理とその問題点 / 益永茂樹
  •  市民へのアスベスト曝露の健康リスク評価と管理 / 久永直見
  •  海洋プラスチック汚染とその対策 / 高田秀重
  •  原子力災害における解決と諒解
         -犠牲のシステムから関係性を尊重する共生社会へ / 近藤昭彦
  •  我が国が直面する環境リスクとその管理 / 續 輝久 ・浅見真理 ・ 渡辺知保 ・那須民江
  • 第三章 持続可能でウェルビーイング社会の実現に向けて
  •  未来の洗浄を考える / 金子洋平
  •  つかう責任
         -SDGs未来都市・小国町の取組 / 森 恵美
  •  公害裁判から未来の行動目標へ / 大塚 直
  •  環境モデル都市の取り組み / 中村桂子

特集
危機に瀕する学術情報の現状とその将来 Part2
  •  特集の趣旨 / 大野英男
  •  学術情報としての政府統計の利活用の現状と課題 / 北村行伸
  •  学術誌をめぐる諸問題と将来展望 / 山口 周
  •  学術の信頼性を損なう捕食雑誌問題 / 野上 識 ・ 武田洋幸
  •  オープンサイエンスに関する政策と方向 / 橋爪 淳
  •  オープンサイエンスと研究データ基盤 / 喜連川 優
  •  産業界から見たデータ利活用における課題と期待 / 佐々木直哉

特集:危機に瀕する学術情報の現状とその将来 Part1はこちらからどうぞ。

SCJ トピック
  •  日本学術会議会長談話「『地球温暖化』への取組に関する緊急メッセージ」を公表

学協会の今――社会と向き合う12
  •  社会と向き合う公益社団法人日本薬学会 / 高倉 喜信

    『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。


編集委員会から
  • ・次号予告
  • ・特集予告
  • ・編集後記