Sample Company

出版事業―『学術の動向』2019年3月号 

2019年3月号
     



をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。

表紙の画
  •  大竹 暁

特集
政府に対する科学助言に関する国際ネットワーク第3回会合(東京開催)
  •  特集の趣旨 / 大竹 暁
  •  「政府に対する科学的助言に関する国際ネットワーク(International Network for Government Science Advice: INGSA)」
         第3回会合(INGSA2018)の概要 / 大竹 暁・有本建男・小山田和仁
  •  開会挨拶 / 武内和彦
  •  INGSA2018 開会の辞 / Peter Gluckman
  • キーノートスピーチ
  •  SDGのための根拠に基づいた政策決定の重要性 / Helen Elizabeth Clark
  •  政策のための科学2.0 / Vladimír Šucha
  •  地方から世界の政府への助言─新任ケベック州首席科学者として実践的な教訓 / Rémi Quirion
  •  ルワンダのための質の高い科学的助言の重要性 / Eugene Mutimura
  • プレナリー1 SDGs及び科学と政策のインターフェース
  •  SDGs及び科学と政策の接点 / Daya Reddy
  •  「SDGsのためのSTI」の技術促進メカニズムへの挑戦
         ─イノベーションのスケールアップ / 中村道治
  • プレナリー2 社会と技術の変革と地球規模目標
  •  社会と技術の変革と地球規模の目標
         ─人工知能(AI)の場合 / Kay Firth-Butterfield
  • プレナリー3 多様なレベルでの科学的助言 ─地域から世界へ
  •  様々なレベルでの科学的助言 / Zakri Abdul Hamid
  •  若手アカデミーから見た科学的助言 / 新福洋子・岸村顕広
  •  INGSA2018を終えて / 岸 輝雄・浅野佳那

特集
高等学校での主権者教育はどうあるべきか
  •  特集の趣旨 / 西川伸一
  •  主権者教育の理論的前提
         ─合理的選択とナッジ / 河野武司
  •  若者に対するアクティブ・ラーニング型主権者教育の効果 / 谷口尚子
  •  東京都選挙管理委員会の取組 / 田宮抄子
  •  高等学校での主権者教育授業を担当して / 西川伸一

SCJ提言・報告要旨
  •  学協会に係る法人制度
         ─運用の見直し、改善等について
  •  大学教育の分野別質保証のための教育課程上の参照基準 化学分野

学協会の今―社会と向き合う⑦
  •  国際社会における法の支配のために
         ── 国際法学会の取り組み / 中谷和弘

『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。

学術の周辺
  •  第18回アジア学術会議(SCA)日本会合 報告 / 吉野 博
  •  日本学術会議 in 京都 報告 / 伊藤公雄

編集委員会から
  • ・次号予告
  • ・特集予告
  • ・編集後記