Sample Company

出版事業―『学術の動向』2005年7月号

2005年7月号
   



をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。



特集
今、教養教育を考える
  •  ○  はじめに
  •  現代の教養と大学教育 / 草原克豪
  •  「教養教育」考 / 水林 彪
  •  21世紀の教養教育をめざして / 古田元夫
  •  教養教育とディシプリン / 兵頭俊夫
  •  教養教育雑感 / 赤岩英夫
  •  技術者教育と教養教育 / 大輪武司
  •  大学における教養教育としてのフィールド科学体験 / 丹下 健
  •  教養が医療の危機を救う / 小松秀樹


学術からの発信
  •  人口センサスの国際的な動向と平成17年国勢調査 / 濱砂敬郎


学術の今日と明日
  •  森林・木材・環境アカデミー発足と明日への期待 / 富田文一郎


学術の課題
  •  なぜ国際法に従うか?
         ─国際法学の新たな課題 / 奥脇直也


学術の周辺
  •  ○  表紙の画:農家のたたずまい / 奥 八郎
  •  私が研究者になるまで:矯正歯科から口腔成育へ / 伊藤学而
  •  研究の最先端:普遍的生命倫理規範の展開
          ─IBC(国際生命倫理委員会)東京会議に寄せて─ / 町野 朔
  •  オアシス:温泉ブームと温泉騒動で思うこと / 藤田勝利


活動の報告
  • ○ 常置委員会の活動について
  •  組織・制度常置委員会の活動について / 戒能通厚
  •  学術と社会常置委員会の活動 / 森 英樹
  •  デジタル情報時代における情報の蓄積と保存の難しさ
         ─学術基盤情報常置委員会 / 松田芳郎
  • ○ 研究連絡委員会の活動から
  •  造船・海運業を取り巻く環境、特にアジアにおける物流の変化
         ─船舶海洋工学研究連絡委員会、人工物設計・生産研究連絡委員会海事工学専門委員会の活動報告─ / 大坪英臣
  •  平和博物館が果たす役割
         ─国際シンポジウム「アジアの平和博物館の交流と協力」から
          ─平和問題研究連絡委員会の活動─ / 岡本三夫
  •  状況への文脈化と接合
         ─或る学術分野の取り組み
          ─農業機械学研究連絡委員会の活動から─ / 笹尾 彰 ・ 酒井憲司
  • ○ 国際派遣報告
  •  美学研究の新潮流
         ─第16回国際美学会議報告─ / 西村清和
  •  アルプスの街グルノーブルで結晶成長を語り合う
         ─第14回結晶成長国際会議に出席して─ / 佐藤勝昭
  •  世界的に展開される放射光科学の最先端を見る
         ─第14回真空紫外放射物理国際会議(VUV14)に参加して─ / 江尻有郷
  •  “家族とは何か”が問われている
         ─第11回オーストラリア家族法会議に出席して─ / 佐藤やよひ
  •  猛暑の東京から真冬のシドニーへ
         ─第15回世界医事法会議に参加して─ / 石井美智子
  •  国際極年2007-2008に向けて
         ─第28回南極研究科学委員会(SCAR)総会─ / 白石和行
  •  科学と国益のバランス
         ─第28回南極研究科学委員会(SCAR)総会─ / 島村英紀

    学術会議日録
    • ・日本学術会議ニュース
       ・「G8サミットに向けた各国学術会議の共同声明」(報告)
       ・国際人権ネットワーク第7回隔年総会の開催(報告)
       ・学術雑誌の電子アーカイブ事業(紹介)
       ・日本学術会議の新しい体制の在り方に関する懇談会の開催(報告)
       ・日本学術会議事務局組織の再編について
    • ・日本学術会議月間記録(2005年4月)
    • ・運営審議会報告(1030回2005年6月23日)


      情報プラザ
    • ・学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2005年7月~9月


      日本学術協力財団コーナー
    • ・私語公論:現場の崩壊 / 田中宏樹


      編集委員会から
    • ・編集委員会委員長後記