Sample Company

日学資料


日学資料4 


日学資料4 
調査報告
我が国における学術団体の現状

日本学術会議
平成6年2月発行,B5,72頁, \700 (税込)

目次
 序:近藤次郎 日本学術会議会長
 はじめに:市川惇信 日本学術会議第4常置委員会委員長
 目次
 はじめに(p.ⅰ~ⅶ)
 ・調査の経緯
 ・調査の概要
 ・日本学術会議第15期第4常置委員会
 1. 学術団体の専門分野(p.1~5)
 1. 日本学術会議の専門分野の区分
   1.1 専門分野ごとの団体の数
   1.2 専門分野の広がり
   1.3 現行の専門分野の区分に対する意見
 2. 科学研究費補助金の分類による区分
   2.1 部ごとの学術団体の
   2.2 専門区分の広がり
   2.3 科研費補助金の分類に対する意見
 3. まとめ
 2. 会員(p.7~12)
 1. 会員の種別
   1.1 個人会員と団体会員
   1.2 個人会員の種別
   1.3 団体の規模
 2. 団体の規模に基づく期待値
 3. 会員の増加について
 4. 活動的な会員
 5. まとめ
 3. 設置形態と組織形態(p.13~23)
 1. 設置形態
 2. 将来の設置形態
   2.1 法人化
   2.2 特定公益増進法人
 3. 設置時期
 4. 支部
 5. 内部組織
 6. 事務局
   6.1 事務職員
   6.2 事務所
   6.3 事務の外部委託
 7. 役員の選出方法
 8. まとめ
 4. 活動状況(p.25~35)
 1. 成果刊行事業
   1.1 会誌の発行
   1.2 論文誌の発行
   1.3 書籍の出版
 2. 研究論文の査読
 3. 口頭発表のための集会
   3.1 学術講演会
   3.2 研究会
 4 .外部からの委託事業
 5. その他の事業
   5.1 研究助成活動
   5.2 会員支援活動
   5.3 社会人教育
 6. まとめ
 5 国際性(p.37~42)
 1. 国際集会
   1.1 国際集会の開催
   1.2 国際集会開催上の困難
 2. 国際共同事業
   2.1 実施状況
   2.2 実施内容
 3. 会誌・論文誌の開放
 4. 外国人会員・役員の存在
 5. まとめ
 6 財政状態(p.43~53)
 1. 財政規模
 2. 収入の内訳
 3. 支出の内訳
 4. 収支バランス
   4.1 赤字団体の割合
   4.2 単年度赤字の処置
   4.3 赤字基調の処置
 5. 会費
   5.1 会費の額
   5.2 会費に含まれるもの
   5.3 含まれているものと会費の額
 6. 外部からの財政的支援
   6.1 支援の必要性
   6.2 支援を必要とする活動
   6.3 優遇措置を受けるための用意
 7. まとめ
 7 学術団体の属性にみる専門分野の類似性(p.55~58)
 1. 検討の対象とする属性
   1.1 分類項目
   1.2 属性値の計算方法
 2. 属性値による類型化
   2.1 グラフのパタンによる類型化
   2.2 多変量解析
 3. 属性の解釈
 4. まとめ
 8 学術団体への支援について
  -結語にかえて-(p.59~63)
 1. 外部からの支援に関する基本的考え方
 2. 支援策について考慮すべき事項
 3. 具体的な支援方策
  3.1 国が直接学術団体を支援する方法
  3.2 国が学術団体の行う特定の活動を支援する方法
  3.3 学術団体の活動が円滑に行われるよう制度等を整備する方法
 附属資料(p.65~72)
 ・学術団体支援策検討のための学術団体調査表
  -日本学術会議 第4常置委員会
 ・日本学術会議専門分野表
 ・平成6年度科学研究費補助金 系・部・分科・細目表


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。