Sample Company

日学資料


日学資料2 


日学資料2 
熱工学の研究動向と熱技術の進展
日本学術会議 熱工学研究連絡委員会
昭和63年11月発行,B5,90頁, \1,000+消費税

目次
 はしがき:西川兼康 日本学術会議第13期熱工学研究連絡委員会委員長
 執筆者一覧
 目次
 Ⅰ 緒論(p.1~9)
 Ⅱ 燃焼(p.13~37)
 1. 燃焼工学の歴史と将来展望
 2. 基礎研究の動向
 3. 総合的、長期的課題
   ⅰ 省エネルギー
   ⅱ 大気汚染の防止
   ⅲ 高負荷燃焼
   ⅳ 石油代替燃料利用技術
   ⅴ 燃焼計測技術
   ⅵ 燃焼と燃焼機器のシミュレーション
   ⅶ 防災・安全
 4. 新技術関連の課題
   ⅰ 石炭利用技術
   ⅱ バイオマス、一般廃棄物、産業廃棄物、低質燃料の利用技術
   ⅲ 環境保全のための燃焼技術
   ⅳ 水素の製造及びその燃焼技術
   ⅴ 燃料電池関連技術
   ⅵ 化学レーザ
 Ⅲ.伝熱(p.41~70)
  1. 伝熱研究の経緯と変遷
  2. 伝熱学の現状と展望
    ⅰ 対流伝熱
    ⅱ 沸騰伝熱
    ⅲ 凝縮伝熱
    ⅳ ふく射伝熱
  3. 伝熱技術の現状と展望
    ⅰ熱交換器
    ⅱ化学操作
    ⅲ低温技術(冷凍・空調等)
  4. 将来的課題の例
    ⅰバイオ伝熱
    ⅱミクロ伝熱
 Ⅳ.熱物性(p.73~90)
  1. 我が国における熱物性研究の経緯と現状
  2. 国外の状況
  3. 基礎的研究の動向
  4. 熱物性分野の将来展望
  5. 今後の研究課題
    ⅰ 新技術関連の課題
    ⅱ 基礎的課題
    ⅲ 総合的長期的課題
  6. 国家的観点から推進の必要な事項
  7. 緊急課題
    ⅰ 熱物性総合研究センターの設立
    ⅱ フロン代替物質の熱物性


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。