Sample Company

日学双書


日学双書№8


日学双書№8
人間は地球とともに生きられるか
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成4年12月発行,A5,108頁, \1,000 (税込)
   

目次
1.はじめに
2.地球圏-生物圏国際協同研究計画(IGBP)の実施について(勧告) 
3.プログラム
4.開会の辞:近藤次郎   日本学術会議会長
5.講演会
  1.地球の温暖化とその影響
     吉野正敏   日本学術会議第4部会員・筑波大学教授
     ・温室効果による気温上昇とその結果
     ・炭酸ガス増加による気候と農作物への影響
     ・気候変化にともなう土地利用の変化
  2.地球環境と農業のかかわり
     久馬一剛   日本学術会議第6部会員・京都大学教授
     ・バイオマス・エネルギーのもつ意味
     ・農業の持続性を支えるもの
     ・農業の集約化と環境へのインパクト
     ・開発途上国の農業のかかえる問題
     ・先進国農業のかかえる問題
     ・日本の農業はどうなっているか
     ・何をなすべきか
  3.地球環境の経営と人間社会の発展
     藤井 隆    日本学術会議第3部会員・名古屋大学教授
      ・環境への対応
       課題の性質と条件 / 人間の主体的自立性(変化する人間観) / 開放体系の相関 /
       人間及び人間社会の進化
      ・発展への新しいアプローチ
       量としての時間と質としての時間 / 知識生産 / 知識という新しい「生産力」 /
       経済のサービス化と情報化 / 新しい発展の方向と学問循環
      ・地球環境と人間社会の経営
       経営思想における東洋と西洋 / 調整主体としての市場的方法と主体的方法 /
       調整における競争と協力の領域の展開 / 政府間と企業グループ間との関係 /
       環境経営の調整における諸方式 / 日本の課題
6.質疑応答
7.閉会の辞:丸茂隆三   日本学術会議第6部会員・東京農業大学教授
司会:樋口敬二  日本学術会議第4部会員・名古屋大学教授


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。