Sample Company

日学双書


日学双書№6 品切れ


日学双書№6 品切れ
高齢社会をどう生きるか
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成2年3月発行,A5,165頁, \1,000 (税込)
   

目次
 はじめに  日本学術会議第13期高齢化社会
 特別委員会委員長
 青井和夫
 目次  
 公開討論会「高齢社会をどう生きるか」プログラム(p.1~2)  
 開会の辞(p.5~8)  日本学術会議第7部会員・
 高齢化社会特別委員会委員
 東京逓信病院院長
 原澤道美
 講演1:介護問題をめぐって(p.9~26)
 1.介護問題の社会問題化
 ・私的介護の限界  ・在宅福祉の強調と社会的介護 
 ・社会的介護の立ち遅れと諸問題  
 2.社会的介護の担い手問題
 ・担い手の状況  ・担い手の専門性  ・高齢者の人権を守るために
 3.社会的介護の今後の課題
 ・介護理論の確立  ・介護の担い手の増加  ・セルフケアとの関係
 日本学術会議第1部会員・
 高齢化社会特別委員会委員
 日本女子大学文学部教授
 一番ヶ瀬康子
 講演2:高齢社会と青少年教育(p.27~50)
 1.はじめに
 2.問題点
 ・高齢化・低成長の時代  ・バイオテクノロジーの時代  
 3.農村の高齢者
 ・農村生活の特徴  ・高齢者にも出番がある  ・農村高齢者の3タイプ
 4.「農の原理」の推進
 ・生存農業と生産農業  ・生物の非効率性  
 5.人間の自立性喪失
 ・便利になると能力が低下する  ・自立性も失う  
 6.生学
 ・その内容と必要性  ・生学が教育の根本だ  ・死の問題も生学に入る
 7.家庭教育・幼児教育の重要性
 ・特に幼児教育が大切  ・自然の中での教育も忘れるな  
 8.むすび――高齢社会の青少年教育には「生学教育」を
 日本学術会議第6部会員・
 高齢化社会特別委員会委員
 東京大学名誉教授
 吉武成美
 講演3:高齢社会と価値の転換(p.51~75)
 1.高齢社会と死の偏在現象
 ・4つの人口転換  ・産業社会と前産業社会  
 ・自分を振り返る  ・死の偏在現象  
 2.価値の転換を求めて
 ・100歳老人調査  ・調査結果の要約  
 ・100歳老人の100歳老人たる所以   
 3.真の成熟とは何か?
 ・インテグリティという概念  ・100歳老人こそインテグリティの境地に達した人
 ・それは同時に、もっともノーマルな生活の人でもある  
 ・老人六歌仙    
 4.自殺率から日本の高齢者を見ると
 ・世界の自殺率  ・日本の高齢者は幸福とはいえない
 5.3つの世代との接触が人を成熟させる
 ・冬の陽光  ・3世代の相互交流をどう実現するか- 青井試案 
 ・大学入試の改善  
 日本学術会議第1部会員・
 高齢化社会特別委員会委員長
 東京大学名誉教授
 流通経済大学社会学部教授
 青井和夫
 質疑・討論(p.77~90)  
 閉会の辞(p.91~94)     日本学術会議副会長
 大妻女子大学長
 中川秀恭
 司会:日本学術会議第1部会員・広報委員会幹事・東京電気大学理工学部教授:寺沢恒信
 参考(p.95~165)
  1.日本高齢社会総合研究センター(仮称)の設立について(昭和62年日本学術会議勧告)
  2.日本高齢社会総合研究センター(仮称)の設立についての提言(昭和61年日本学術会議高齢化社会特別委員会報告)
  3.国立老化、老年病センター(仮称)の設立について(昭和55年日本学術会議勧告)
  4.長寿社会対策大綱について(昭和61年閣議決定)
  5.参考文献

※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。