Sample Company

日学双書


日学双書№28


日学双書№28
地球温暖化にどのように対処すべきか
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成11年4月発行,A5,104頁, \1,100+消費税
   

ひとの五感のうち、日常生活に最も影響のある「視覚」、「聴覚」の障害と治療について、それぞれの専門家が一般の方々に分かりやすく執筆した解説書。

目次
 はじめに  日本学術会議会長
 前東京大学総長
 吉川弘之
 目次
 プログラム(p.1~2)
 講演者プロフィール(p.3~6)
 開会の辞(p.7~13)  日本学術会議会長
 前東京大学総長
 吉川弘之
 講演1:地球温暖化問題に対する日本学術会議の取組み(p.15~26)  日本学術会議第4部会員
 愛知大学現代中国語学部教授
 榧根 勇
 講演2:地球温暖化の現状と対応の考え方(p.27~38)  日本学術会議地球環境研究連絡委員会
 IGBP専門委員会委員
 国立環境研究所地球環境研究グループ
 統括研究官
 西岡秀三
 講演3:エネルギー需要面から見た地球温暖化対策(p.39~50)  名古屋大学工学部教授  松岡 譲
 講演4:エネルギー供給面から見た地球温暖化対策(p.51~61)  横浜国立大学工学部助教授  藤井康正
 講演5:経済面から見た地球温暖化対策(p.63~73)  元日本学術会議第3部会員
 立正大学経済学部教授
 藤井 隆
 講演6:人口面から見た地球温暖化対策(p.75~84)  日本大学経済学部教授  小川直宏
 パネルディスカッション(p.85~102)
    司会・進行:日本学術会議第3部会員・日本大学経済学部教授  田中啓一
 閉会の辞(p.103~104)  日本学術会議第4部会員
 愛知大学現代中国語学部教授
 榧根 勇

※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。