Sample Company

日学双書


日学双書№27


日学双書№27
明日の震災にどう備えるか
-阪神・淡路大震災の教訓を踏まえて-
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成9年8月発行,A5,130頁, \1,100+消費税

ひとの五感のうち、日常生活に最も影響のある「視覚」、「聴覚」の障害と治療について、それぞれの専門家が一般の方々に分かりやすく執筆した解説書。

目次
1.プログラム
2.開会の辞
   西島安則   日本学術会議副会長・京都大学名誉教授
3.あいさつ
   伊藤 學      日本学術会議第5部会員・東京大学名誉教授
4.講演会
  ・日本列島の地震とその観測体制
    尾池和夫   地震学研究連絡委員会委員長・京都大学大学院理学研究科教授
  ・災害救急医療体制はどこまで整ったか
    小林国男   救急・麻酔・集中治療医学研究連絡委員会委員・帝京大学医学部救命救急センター教授
  ・都市計画と建物について
    内田祥哉   日本学術会議第5部会員・東京大学名誉教授
  ・住宅復興の現状と残された課題
    大野喜久之輔  経済政策研究連絡委員会委員・広島市立大学図書館長・国際学部教授
  ・震災復興とその法的課題
    大西泰博   社会法学研究連絡委員会委員・早稲田大学社会科学部教授
  ・地元住民としての所感 -緑地とコミュニティーの役割-
    松中昭一   日本学術会議第6部会員・関西大学工学部教授
5.質疑応答
6.閉会の辞
   伊達宗行   日本学術会議第4部長・日本原子力研究所先端基礎研究センター


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。