Sample Company

日学双書


日学双書№22


日学双書№22
尊厳死の在り方
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成7年2月発行,A5,115頁, \1,000 (税込)
   

目次
1.開会の辞
    川田 侃  日本学術会議副会長・上智大学国際関係研究所教授
2.講演会
   ・現代日本人の死の様態
     青井和夫  日本学術会議第1部会員・流通経済大学社会学部附属「世代間交流研究所」顧問
   ・尊厳死における医療上の問題点
     鳥山貞宜  日本学術会議第7部会員・日本大学医学部教授
   ・尊厳死をめぐる法律問題
     大谷 實    日本学術会議第2部会員・同志社大学法学部教授     
3.パネルディスカッション
  コーディネーター: 小坂二度見  日本学術会議第7部会員・死と医療特別委員会委員長・岡山大学学長
  パネリスト:青井和夫  日本学術会議第1部会員・流通経済大学社会学部附属「世代間交流研究所」顧問
        鳥山貞宜  日本学術会議第7部会員・日本大学医学部教授
        大谷 實   日本学術会議第2部会員・同志社大学法学部教授
        鎮目和夫  日本学術会議第7部会員・(財)成長科学協会理事長・尊厳死協会理事
4.閉会の辞      小坂二度見  日本学術会議第7部会員・死と医療特別委員会委員長・岡山大学学長
5.死と医療特別委員会報告
  -尊厳死について-  平成6年5月26日 日本学術会議死と医療特別委員会
  尊厳死を取り上げる意味
  延命医療中止の意義
  延命治療中止の条件
  拒否の対象となる延命医療の内容・範囲
  立法化の要否
6.解説・死と医療特別委員会報告
  尊厳死問題の背景/延命医療の中止
   大谷 實  日本学術会議第2部会員・同志社大学法学部教授


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。