Sample Company

日学双書


日学双書№21


日学双書№21
地方分権
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成6年5月発行,A5,229頁, \2,000 (税込)
   

目次
 はじめに  日本学術会議会長  近藤次郎
 目次  
 プログラム(p.1~2)  
 開会の辞(p.3~7)  日本学術会議会員、人口・食糧・土地利用
 特別委員会委員長一極集中問題分科会主査、
 都市・地域計画研究連絡委員会委員長
 京都大学名誉教授
 天野光三
 講演1:総論と問題提起(p.9~23)
  1.地方分権を取り上げた経緯
  2.地方分権とは
  3.地方分権の提言と行革審
  4.一極集中の弊害,首都機能の移転の方法
  5.首都機能の一極集中と道州制
  6.学術会議で取り上げる意義
 日本学術会議会員
 京都大学名誉教授
 天野光三
 講演2:諸外国における行政行動とわが国の地方政治と行政
 (p.25~38)
 明治大学教授  中邨 章
 講演3:地方分権と都市行政(p.39~52)
 ・地方分権の討議と特徴  ・権限の分権化と機能の分担化
 ・地方分権と大都市制度  ・都市行政の一元化~市町村の統合
 日本大学教授  本田 弘
 講演4:地方分権の動向と課題(p.53~63)  大東文化大学助教授  土岐 寛
 講演5:国の財政と地方の財政(p.65~77)  日本学術会議会員、人口・食糧・土地利用
 特別委員会委員会一極集中問題分科会委員
 学習院大学教授
 島野卓爾
 講演6:東北から見た地方分権(p.79~93)
 ・東北の実像  ・地域開発と東北
 ・地域構造改革の視点  ・地方分権論の再構成
 ・東北型の地方分権政府システムを 
 東北大学助教授  新川達郎
 講演7:東京からみた地方分権(p.95~110)  東京大学教授  大森 彌
 講演8:広域行政と道州制(p.111~127)  京都大学助教授  中川 大
 講演9:「九州府と第二国土軸」構想(p.129~146)  大分県知事  平松守彦
 講演10:私の連邦論(p.147~162)
 1.はじめに  2.府県制改革論の推移
 3.国会での地方分権論議  4.これからの道府県政のあり方
 5.私の連邦論  
 岡山県知事

 (代講)岡山県総務部長

 長野士郎

 蓬郷隆治
 (とまごう)
 講演11:地方自治への提言(p.163~174)
 ・地方自治体に権限の委譲を  ・財源の委譲を
 ・道州制の検討を  ・人材の確保を
 ・住民自治の確立を  ・夜間議会の開設を
 ・地方の活性化のために  
 日本学術会議会員、人口・食糧・土地利用
 特別委員会委員会一極集中問題分科会委員
 明治大学教授
 富田信男
 パネルディスカッション「一極集中問題と地方分権」(p.175~207)
 司会:日本学術会議人口・食糧・土地利用特別委員会一極集中問題分科会委員 / 明治大学教授:富田信男
 4.閉会の辞(p.209~213)      日本学術会議会員、人口・食糧・土地利用
 特別委員会委員長
 東京農業大学教授
 梶井 功
 司会
 日本学術会議都市・地域計画研究連絡委員会委員 / 早稲田大学教授:戸沼幸市
 日本学術会議人口・食糧・土地利用特別委員会一極集中問題分科会委員 / 学習院大学教授: 島野卓爾
 
 東京一極集中問題について(p.215~229)
 日本学術会議 人口・食糧・土地利用特別委員会、都市地域計画研究連絡委員会報告
 人口・食糧・土地利用特別委員会、都市地域計画研究連絡委員会メンバー紹介(p.217~218)
 目次(p.219)
 1.はじめに(p.220)
 2.東京一極集中の経緯(p.220~222)
 3.東京一極集中がもたらした弊害(p.223~225)
 (1)市民生活環境  (2)都市活動環境  (3)災害時のセキュリティ  
 (4)東京圏の農山村と森林  (5)国土の有効利用    
 4.東京一極集中を是正する方策(p.225~227)
 (1)地方分権の推進  (2)首都機能の移転    
 5.むすび(p.227~228)

※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。