Sample Company

日学双書


日学双書№15


日学双書№15
文明の選択-都市と農業・農村の共存を目指して-
-日本学術会議主催公開講演会における記録-

平成4年12月発行,A5,119頁, \1,000 (税込)
   

目次
 はじめに  日本学術会議会長
 東京大学名誉教授
 近藤次郎
 目次
 プログラム(p.1~2)  
 講演者プロフィル(p.3)   
 開会の辞

 来賓挨拶   
 日本学術会議第4部会員
 九州大学教授
 九州大学総長
 小野勇一

 和田光史
 講演1:農業・農村を衰退させてよいか(p.11~43) 
 ・はじめに
 1.日本の経済的発展と農業に対する外圧・内圧の激化
  (1)日本経済の急成長 (2)農産物の輸入自由化への外圧の激化
  (3)農業への産業としての自立要請による内圧の激化
 2.農産物輸入の拡大と食料需給の実態
  (1)農産物の深刻な自給率の低下(2)食料需給の実態
 3.農業・農村の衰退の危機
  (1)農業後継者の激減(2)耕作放棄地の拡大
 4.農業・農村の意義と機能
  (1)農業生産と工業生産の違い (2)農林生態系のもつ環境保全
  機能(3)農業・農村の意義と機能 (4)農業の展開のあり方
  (5)東京圏の水不足の示す問題
 5.米の輸入自由化問題
  (1)各国の気象条件と耕地条件 (2)わが国と西欧の農業展開
  (3)米輸入自由化問題 (4)水田は持続的農業展開にとって重要
 6.農業・農村を衰退させてよいか
  (1)人口、食料問題解決と農業・農学(2)農業・農村を衰退させ
  てはならない
 おわりに
 日本学術会議第6部会員
 北里大学客員教授
 水間 豊
 講演2:国土利用と農村の展開(p.45~74) 
 ・国土利用と農業・生活構造の変化
   国土利用と人口/社会・経済構造の変化/生活構造の変化
 ・国土・農村政策の展開
   国土政策/都市・農村整備-土地利用計画を中心に-
 ・これからの国土利用と農村の展開
   課題/旧西ドイツと日本の計画の比較/定住文化圏/政策への期待
 ・むすび
 日本学術会議第6部会員
 京都大学教授
 北村貞太郎
 講演3:都市と農業 -市民農園を中心として-(p.75~96) 
 ・はじめに
 ・問題の所在
 ・私たちのライフスタイルの反省
 ・戦後の土地政策と土地法の性格
 ・ドイツの土地政策・土地法と市民生活
 ・「農村における休暇」とクラインガルテン
 ・ドイツのクラインガルテンの紹介
 ・日本の市民農園を考える
 日本学術会議第2部会員
 東京大学教授
 利谷信義
 質疑応答(p.97~118)
 閉会の辞(p.119)  日本学術会議第6部会員
 佐賀大学教授
 岩政正男
 司会
 日本学術会議第6部会員・佐賀大学教授:岩政正男 


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。