Sample Company

日学双書


日学双書№1 品切れ


日学双書№1 品切れ
脳死をめぐる諸問題
-日本学術会議第100回総会における記録等-

昭和61年11月発行,A5,195頁, \1,000+消費税
   

目次
 ・ はじめに(1頁)  日本学術会議会長  近藤次郎
 ・ 編集にあたって(2頁)  日本学術協力財団 “脳死をめぐる諸問題”
 編集委員会委員長
 本間三郎
 ・ 目次 (2頁)  
 第1章 日本学術会議第100回総会における発言記録  
 ・発言者プロフィル(p.1)  
  ・発言要旨(p.3~7)
  1.基調報告-医学的見地からみた死の概念
   2.脳死に関する医療上の問題点
   3.法律上の視点からみた問題点
   4.倫理、宗教等からみた問題の整理
 ・発言記録 (p.9~76)  
 第2章 医療技術と人間の生命特別委員会におけるヒヤリング  
 ・脳死の新判定基準について(p.79~90)  杏林大学医学部長  竹内一夫
 ・臓器移植について(p.91~131)
   1.はじめに
   2.移植の行われる臓器と用語
   3.臓器移植の歴史的展望
   4.移植免疫学の進歩
   5.多臓器提供の手順と条件
   6.HLA遺伝子複合体と組織適合度
   7.臓器移植の臨床
   8.おわりに―日本の臓器移植を考える
 日本学術会議第7部会員
 国立循環器病センター総長
 曲直部壽夫
 ・<社会と法>からみた脳死(p.133~138)  東京都立大学法学部教授  唄 孝一
 ・脳死についての日本医学会での検討(p.139~145)  日本医学会会長  太田邦夫
 参考資料
 ・厚生省 厚生科学研究費特別研究事業脳死に関する研究班
  昭和60年度研究報告書「脳死の判定指針及び判定基準」(47頁)

※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。