Sample Company

出版事業―『学術の動向』2014年7月号

2014年7月号
   



をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


表紙の顔
  •  渡辺美代子

特集
社会が受け入れられるリスクとは何か
  •  特集の趣旨 / 小長井 誠
  •  安全目標の構築 / 松岡 猛
  •  しきい値なしのモデルとリスク受容の課題 / 中西準子
  •  チェルノブイリ事故の経験から / 柴田徳思
  •  原子力過酷事故リスクについて / 松浦祥次郎
  •  リスクの選択と学術 / 山地憲治

特集
復興農学がめざすもの
 ─東日本大震災からの復興への貢献と課題─
  •  特集の趣旨 / 宮﨑 毅 ・ 三輪睿太郎
  •  宮城県沿岸部における津波被災農地の状況と土壌科学の課題 / 南條正巳
  •  福島県相馬市の津波被災地での営農再開における技術的対策 / 後藤逸男
  •  飯舘村 村民学協働の除染 / 菅野宗夫 ・ 溝口 勝
  •  現地土壌におけるセシウム固定 / 中尾 淳
  •  除染技術の高度化
         ―セシウムの濃縮分離(放射性物質で汚染された土壌からの熱処理によるセシウム除去) / 万福裕造
  •  除染廃土の湿式減容技術 / 椿 淳一郎
  •  汚染森林の管理の現状と課題 / 中村道人
  •  一土壌科学者としての考察と新提案
         ―復興農学の原点を里山の活性に求めて― / 松本 總
  •  復興と農学の進化 / 森 敏

特集
中等教育でまなぶ「人種」「民族」とヒトの多様性
  •  特集の趣旨 / 竹沢泰子
  •  生物教育におけるヒトの多様性 / 市石 博
  •  地理教育における「人種」「民族」 / 浅川俊夫
  •  骨から見るヒトの多様性 / 瀬口典子
  •  遺伝子・ゲノムから見るヒトの多様性 / 徳永勝士
  •  「民族」とは何だろう / 内堀基光
  •  創られた「人種」 / 竹沢泰子
  •  おわりに: 全体討論を受けて / 加藤和人


日本学術会議の動き
  • ・会長からのメッセージ:第14回アジア学術会議報告 / 大西 隆
  • ・幹事会報告
  • ・情報プラザ
     学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2014年7月~11月

編集委員会から
  • ・編集後記