Sample Company

出版事業―『学術の動向』2003年2月号

2003年2月号




をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


特集
研究・教育の現場から見た国立大学改革
  •  研究・教育の現場から見た国立大学改革 / 江沢 洋
  •  大学改革に法人化は必要か / 松久 寛
  •  大学改革を担う主体は大学人である / 三橋良士明
  •  研究・教育のサッチャリズム / 大谷俊介
  •  国立大学法人化への燕雀の杞憂 / 小路武彦
  •  農学における高等教育組織の再編の必要 / 菅野長右エ門
  •  ドイツ語教員の視点から / 久保田 聡
  •  国立大学の法人化と会計問題 / 野口晃弘


学術からの発信
  •  21世紀日本社会と法学 / 嶋津 格


学術の今日と明日
  •  景観と熱
         -汚染から資源へ- / 尾島俊雄


学術の広場
  •  科学者コミュニティについて / 大瀧仁志
  •  科学者コミュニティ形成の要件 / 板垣雄三


活動の報告:研究連絡委員会の活動から
  •  文化は生命科学の発展を制御できるのか?
         -宗教学研究連絡委員会公開シンポジウム「いのちと宗教」- / 島薗 進
  •  量子力学の解釈と量子情報技術
         -科学基礎理論研究連絡委員会の活動から- / 石垣壽郎
  •  農業環境工学 -その情報循環-
         -農業環境工学研究連絡委員会の活動から- / 橋本 康
  •  日本社会と新しい法律家
         -基礎法学研究連絡委員会の活動から- / 廣渡清吾
  •  とくに旧石器時代研究の新しい展開をめざす
         -第四紀研究連絡委員会の活動から- / 町田 洋
  •  自然の仕組みを幅広く知るために
         -地球電磁気学研究連絡委員会より- / 上出洋介
  •  高精度14C年代測定と14C年代から暦年代への較正
         -第四紀研究連絡委員会からの便り- / 中村俊夫
  •  人間と工学の接点について
         -人間と工学研究連絡委員会便り- / 山本明夫
  •  計画概念のパラダイムシフトと計画工学の展望
         -社会環境工学研究連絡委員会計画工学専門委員会の活動から- / 佐藤 滋
  •  シンポジウム 環境対策技術の最前線
         -エンジニヤの取り組み-
          -生物工学研究連絡委員会の活動から- / 永井和夫
  •  日本人の生活・文化を育んだ動植物
         -未来に語り継ぐべき遺伝資源-
          -遺伝資源研究連絡委員会・育種学研究連絡委員会の活動から- / 島本義也 ・ 武田元吉
  •  東アジア地域農産物貿易の現実と展望
         -農業経済学研究連絡委員会の活動から- / 服部信司


活動の報告:国際派遣報告
  •  国際ビジネス応用研究会議に出席して / 黒川保美
  •  低くなった国内政治と国際政治の間の敷居
         -国際関係学会(ISA)2002年次研究大会- / 猪口 孝


活動の報告:国際会議報告
  •  21世紀の課題と提言
         -第26回国際内科学会- / 黒川 清


学術の周辺
  •  ○  表紙の絵:「早春の鎌倉東慶寺」 / 藤本吉秀
  •  オアシス:190年振りに特定できたロシア語の種痘の本 / 松木明知
  •  私が研究者になるまで・13:「失業確実」なテーマを選んで / 寺﨑昌男
  •  研究の最先端:小柴先生とカミオカンデ / 梶田隆章
  •  質量分析とプロテオミクス研究:
         -田中耕一氏のノーベル化学賞受賞によせて- / 高尾敏文


学術会議日録
  • ・日本学術会議月間記録(平成14年11月)
  • ・運営審議会報告 第987回運営審議会の概要(平成15年1月21日)


情報プラザ
  • ・学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2003年2月~5月


日本学術協力財団コーナー
  • ・私語公論:こころの満足は『ゆとり』から
      -その2・空間的ゆとり- / 田中宏樹


    編集委員会から
  • ・投稿規定
  • ・編集委員会委員長後記 / 原 ひろ子