Sample Company

日学選書


日学選書2 


日学選書2 
科学技術立国を支える人材育成
-その構造的問題点-

平成6年7月発行,A5,131頁, \1,000 (税込)
   

目次
 はじめに:  日本学術会議会長  近藤次郎
 著者略歴  
 目次  
 問題提起(p.1~8)
 ・はしがき
 ・問題点と対策
   1. 若人の理工系離れ
   2. 教育における専門分化の弊害
     -開かれた大学へ
   3. 若人にやる気を起こさせる教育を
   4.リフレッシュ教育の推進
 ・おわりに
日本学術会議第5部長・
基礎工学研究連絡委員長
東京電気大学学長
岡村総吾
 教育・人材問題の構図(p.9~16)
 ・これまでの図式
 ・高まる危機感
 ・新しい図式を求めて
 日本学術会議第5部会員
 工学院大学学長
 大橋秀雄
 理工系離れの文明論的文脈(p.17~31)
 1. 理工系離れは本当にあるのか
 2. 1920年代の理工系離れ
   -オルテガの洞察
 3. 「文明社会の野蛮人」仮説の検証
 4. 情報化と理工系離れ
 5. 予期された危機
 6. 工学教育への政策的含意
 7. 科学技術者が考えるべきこと、なすべきこと
 8. おわりに
 電気通信大学大学院・
 情報システム学研究科助教授
 小林信一
 初等中等教育における理科嫌い(p.33~48)
 1. はじめに
 2. 国際的に見た理科の好き嫌い
 3. 国際的に見た理科内容の学習状況
 4. 学年段階による理科の好き嫌い
 5. 科学観と理科の好き嫌いとの関係
 6. 大学生からみた小・中・高等学校の理科
 7. おわりに
 国立教育研究所室長  松原静郎
 教員養成の諸問題(p.49~62)
 はじめに
 1. 文系に位置づけられた国立教育学部
 2. 限りない悪循環
 3. 教育学部における教員養成の構造的諸問題
   -教科教育の位置づけ
 4. 改革の必要性
 おわりに
 謝辞
 元山梨大学教育学部教授  平田邦男
 入試と理工系教育(p.63~80)
 1. 大学入学者選抜方法
 2. 推薦入学の動向
 3. 受験状況
 4 .受験成績
 5. 男女、現役浪人
 6. まとめ
 大学入試センター副所長  坂本 昂
 大学からみた理科離れと大学における基礎理学教育の改革
 -東京大学の前期課程教育改革を中心に-(p.81~94)
 1. はじめに
 2. 高校生の理科離れについて
 3. 理系学生の就職状況
 4. 大学の「一般教育等」の改革
 5. 基礎理学教育の改革
 6. おわりに
 東京大学教養学部教授  市村宗武
 企業内教育の問題点(p.95~113)
 はじめに
 1. 企業内教育の重要性
 2. 経営戦略と人材育成
 3. 経営環境と教育課題の変遷
 4. 企業が求める能力
 5. 教育の種類と能力開発の体系
 6. 育成方法の変化
 7. 企業内教育の問題点と今後の対応
 古河電気工業株式会社取締役  桐村晋次
 企業の立場から見た理工系教育の問題点(p.115~121)
 1. 今、私達の科学技術立国日本は!
   (1)20世紀末の特徴
   (2)脆弱な日本の経済的繁栄基盤
   (3)限界の顕在化と対応
 2. 日本の製造業の将来を支える人材とその育成
   (1)若者の理工系離れ現象
   (2)大学理工系出身の若者の製造業離れ現象
   (3)理工系若者の高等教育離れ現象
   (4)文系教育における自然科学教育の欠落
 三菱化成株式会社常務取締役  小野田 武
 研究者養成の立場から見た初等中等教育(p.123~131)
 ・創造性が育ちにくい土壌と画一的教育の弊害
  (1)「前菜盛り合わせ」の教育課程
  (2)能力のある生徒に足踏みをさせる
  (3)教師が創造性を発揮できない
  (4)知的活動の自由を奪われた子どもたち
 ・画一性をどう打破するか
  (1)教育課程の多様化
  (2)独創的な教師
  (3)入試の改革
 日本学術会議第4部会員、
 科学教育研究連絡委員会委員長
 国際基督教大学教授
 高橋景一


※上記所属等は発行当時のものです。

バックナンバー

バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。
品切・絶版図書につきましては、コピーサービスを行っております。