Sample Company

出版事業―『学術の動向』2020年4月号 

2020年4月号(第25巻第4号 通巻第289号)
     




表紙の画
・新福洋子


特集
若手科学者が担う国際的なリーダーシップ
  • ・特集の趣旨 /  新福洋子
  • ・若手アカデミーの国際活動の発展 / 新福洋子
  • ・2019パリGサイエンス学術会議 / 岩崎 渉
  • ・Science for the Future : Young Scientists in the Face of Global Challenges / Koen Vermeir
  • ・国際的議論を通じて“市民のエンパワメントを支える科学者”のあり方を考える / 岸村顕広
  • ・シチズンサイエンスの普及にむけて / 中村征樹
  • 【Discussion in the Citizen Science Session】
  • ・Citizen Science: Updating Research for Future Prosperity / S. Karly Kehoe
  • ・Young G7 Meeting: Citizen Science in Germany / Michael Saliba
  • ・G7 Young Scientists Meeting: Citizen science for updating “science” in the SDGs era  / Filippo Rossi
  • ・Citizen Science: The American Experience / Tyrone Grandison
  • ・研究者として成功するために何が必要か?
     ─ノーベル賞受賞者と若手の議論を通じて考えること / 中西和嘉
  • ・The Obstacle Course to Research Independence and Innovation : Challenges for Early-Career Scientists / Patricia Silveyra ・ Tyrone Grandison
  • ・Research funding agencies are redefining science. Early Career Researchers will have to adapt. / Koen Vermeir
  • ・スウェーデン若手アカデミーとの国際連携 / 西嶋一欽
  • ・若手研究者に期待される国際的リーダーシップと議論の場への参画
     ─若手アカデミー新メンバーより  / 田中和哉


特集
若手科学者が考えるSDGsと科学的助言
  • ・特集の趣旨 /  新福洋子
  • 科学的助言の必要 / 狩野光伸 (先行公開)
  • ・筑波会議とWorld Science Forumでの議論に参加して
     ─若手海洋生物学者から見るSDGs  / 安田仁奈
  • ・新国富指標から問い直すSDGsと科学的助言 / 若松美保子 ・ 馬奈木俊介
  • ・Plastic and Air Pollution Issues in Asia and Beyond / Wibool Piyawattanametha
  • ・若手世代から見たSDGs/ 藤井雅利 ・ 中澤拓也


SCJトピック
  • ・幹事会声明「新型コロナウイルス感染症対策に関するみなさまへのお願いと、今後の日本学術会議の対応」を公表
  • ・「第二部大規模感染症予防・制圧体制検討分科会」の設置


学協会の今――社会と向き合う18
  • ・社会と共に歩む日本アルコール・アディクション医学会 / 池田和隆 ・ 藤宮龍也
    『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。


学術の風景 Vol. 1
  • ・「学術の風景」の連載にあたって / 伊藤公雄
  • ・地球温暖化問題と経済学 / 宮本憲一
    『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。


学術と社会の未来を考えるVol. 1
  • ・「学術と社会の未来を考える」の開始に寄せて / 狩野光伸
  • ・心の基礎研究を通して社会を診る/ 髙瀨堅吉
    『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。

    編集委員会から
  • ・次号予告
  • ・特集予告
  • ・編集後記