Sample Company

出版事業―『学術の動向』2012年12月号

2012年12月号
   



をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


表紙の顔
  •  田中啓二 / 米川博通  


特集
先端的異分野融合を核とした構造生命科学の飛躍に向けて
  •  特集の趣旨 / 曽我部正博
  •  最先端の構造生物学で何がどこまでできるか / 若槻壮市
  •  構造生命科学が挑戦すべき課題 / 濡木 理
  •  生命システムの理解に資する構造生物学
         ―多機能タンパク質の分子間相互作用を巡って― / 鍋島陽一
  •  遺伝子変異と疾患発症の間のブラックボックス解明のために構造科学に期待されること / 坂口志文
  •  疾患の鍵分子をターゲットとした創薬のために構造生物学ができること / 門脇 孝
  •  巨大で複雑な超分子複合体の構造生命科学
         ─プロテアソームを例とした動態解明─ / 田中啓二
  •  構造生命科学に期待すること / 岡田 清孝
  •  生命科学・先端技術との異分野連携をどう達成するか / 高木淳一
  •  創薬ターゲット膜タンパク質の高速構造解析 / 岩田 想
  •  動的構造解析による膜タンパク質の機能解明 / 嶋田一夫
  •  特殊ペプチドが起こす構造生命科学と創薬の飛躍 / 菅 裕明
  •  パネルディスカッション
        「新しい構造生命科学の未来を拓くために何をなすべきか 」 / 萩原正敏
  •  まとめ / 鍋島 陽一  


特集
目と耳の老化と老年病
  •  特集の趣旨 / 石橋達朗
  •  高齢者の耳の手術 / 飯野ゆき子
  •  緑内障と白内障 / 松村美代
  •  加齢とバランス障害 / 八木聰明
  •  加齢黄斑変性の予防医学 / 石田 晋


日本学術会議の動き
  • ・幹事会報告
  • ・情報プラザ
     学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2012年12月~2013年3月


編集委員会から
  • ・編集後記