Sample Company

出版事業―『学術の動向』2004年6月号

2004年6月号
 



をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


日本学術会議法の改正によせて
  •  日本学術会議法の改正によせて / 黒川 清
  •  日本学術会議法の一部を改正する法律について / 日本学術会議改革法案準備室
  •  日本学術会議会長コメント / 平成16年4月14日・5月21日


特集
日本学術会議第142回総会
新生日本学術会議の在り方
  •   日本学術会議第142回総会新生日本学術会議の在り方
         第1~3日目の審議等について
  •  ○  声明:社会との対話に向けて   日本学術会議  2004年4月20日
  •  ○  決議:従前の登録学術研究団体と日本学術会議との連携・協力の在り方について  平成16年4月20日
         第142回総会決議


特集
科学技術政策の在り方
  •  ○  わが国における科学・技術政策の在り方 / 江澤 洋
  •  科学技術政策は如何にあるべきか / 猪口 孝
  •  日本の科学技術政策におけるいくつかの問題点 / 金澤一郎
  •  科学技術政策に対する二、三の提言 / 久米 均
  •  十年の計は植樹にあり、百年の計は教育にあり / 小林正彦
  •  未踏領域の研究の評価と判断 / 伊藤早苗
  •  1995年の科学技術政策 / 小林信一
  •  研究者の世界をジェンダーフリーに / 加藤万里子
  •  条理としての自然-「自然」科学のあり方を問う / 溝口雄三


学術からの発信
  •  生命の起源と進化への生物物理学的アプローチ / 伏見 譲


学術の今日と明日
  •  白血病研究のシステム的展開 / 浅野茂隆


学術の周辺
  •  ○  表紙の絵:「金時山」 / 戸田盛和
  •  研究の最先端:音楽の記録・分析から音楽伝統の保存へ / 徳丸吉彦
  •  オアシス:ジョー・スティグリッツのこと / 堀内昭義
  •  私が研究者になるまで・26:インド哲学-真実の自己を求めて- / 前田專學


活動の報告:地域振興・北海道地区フォーラム
  •  大学・新たな社会連携
         ~「知」の創造と「知」の活用の推進を目指して~ / 島本義也


活動の報告:研究連絡委員会の活動から  
  •  バイオテクノロジーを応用した新医薬品の開発の現状と問題点
         -薬理学研究連絡委員会の活動報告- / 小林真一
  •  多様化する21世紀の安全性・信頼性問題への挑戦
         -人間と工学研究連絡委員会安全工学専門委員会の活動から- / 花安繁郎
  •  世界をリードする日本の形態科学
         -解剖学研究連絡委員会主催第19回形態科学シンポジウムを終えて- / 井端泰彦 ・ 仙波恵美子


活動の報告:国際派遣報告  
  •  「宗教と世代」をテーマに開催
         -第27回国際宗教社会学会トリノ大会について- / 安蘇谷正彦
  •  国際紛争と分裂社会におけるリーダーシップを主要テーマに
         -国際政治心理学会(IPSA)第26回年次大会に参加して- / 芹澤 功
  •  人類社会の持続的発展のために
         -IFSSO総会に出席して- / 横井弘美
  •  世界の憲法状況を反映した国際憲法学会第6回世界大会(チリ) / 辻村みよ子


学術会議日録
  • ・日本学術会議月間記録(2004年3月)
  • ・運営審議会報告 第1013回運営審議会の概要(2004年5月20日)


    情報プラザ
  • ・学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2004年6月~11月


    日本学術協力財団コーナー
  • ・私語公論:怠惰・ものぐさ考 / 田中宏樹


    編集委員会から
  • ・投稿規定
  • ・編集委員会委員長後記 / 岩井宜子