Sample Company

出版事業―『学術の動向』2003年12月号

2003年12月号




をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


特集
第19期活動計画
  •  “第19期初の定期総会で「活動計画」を決定”
         日本学術会議第141回総会について
  •  日本学術会議第19期活動計画
         -科学者コミュニティの確立と新たな文明社会の構築-


特集
第19期日本学術会議の活動計画と各部の抱負
  •  第1部: グローバリゼーションと人文科学の課題 / 蓮見音彦 
  •  第2部: 転機に立つ法学・政治学 / 広渡清吾
  •  第3部: 宇宙船・地球号を護ろう / 西澤 脩
  •  第4部: 健全な価値体系の上に豊かな学術、安心な社会を / 郷 信広
  •  第5部: 日本学術会議でできること、やるべきこと / 久米 均
  •  第6部: 新たな農林水産業・農学を求めて / 祖田 修
  •  第7部: 21世紀の医科学と医療の発展のために
         -最後の第7部の使命- / 鴨下重彦


学術からの発信
  •  「設計科学」のすすめ / 久米 均


学術の今日と明日
  •  21世紀の社会保障・社会福祉制度の改革とソーシャルワークの展開 / 大橋謙策


学術の課題
  •  人文・社会科学系教育環境改善への提言 / 水谷 修 ・ 外間 寛 ・ 稲葉元吉


学術の周辺
  •  ○  表紙の絵:「お茶の水のニコライ堂」 / 藤本吉秀
  •  オアシス:ポール・パンルヴェ / 岡本和夫
  •  私が研究者になるまで・20:法律研究者の道を選んで / 小島武司
  •  研究の最先端:微生物バイオテクノロジー / 大西康夫 


活動の報告:研究連絡委員会の活動から  
  •  工学教育の再構築
         -工学教育研究連絡委員会の活動から- / 阿部博之 ・ 大中逸雄
  •  計算力学の人材教育
         -メカニクス・構造研究連絡委員会計算力学専門委員会の活動から- / 矢川元基
  •  社会法におけるジェンダー問題を考える
         -社会法学研究連絡委員会の活動から-  / 野上修市
  •  21世紀の食糧・環境問題解決に向けて-植物栄養学からのアプローチ-
         -土壌・肥料・植物栄養学研究連絡委員会主催シンポジウムについて-  / 山本洋子
  •  シンポジウム
        「地殻変動、地球ダイナミックスの研究とモデル計算の最近の成果、今後の課題」の開催
         -測地学研究連絡委員会の活動から- / 竹本修三
  •  人工物の寿命と再生に果たす溶接・接合技術
         -人工物設計・生産研究連絡委員会接合工学専門委員会の活動から-  / 百合岡信孝


活動の報告:国際派遣報告  
  •  家畜のゲノム解析もポストゲノムシーケンスの時代を迎えようとしている
         -第28回国際動物遺伝学会議に出席して- / 佐々木義之
  •  経営史におけるひとつのヨーロッパ的アプローチ
         -ヨーロッパ経営史学会第6回大会- / 福應 健
  •  経済史に流行はあるか
         -国際経済史協会第13回世界大会出席記- / 斎藤 修
  •  健全な環境のための科学・技術
         -第20回太平洋学術会議に出席して- /尾本惠市
  •  電波科学の一層の発展を目指して
         -第27回国際電波科学連合総会報告- / 細矢良雄
  •  21世紀の地理学ルネッサンスに向けて
         -国際地理学連合地域大会に出席して- / 石原 潤
  •  新しいIGBPの展開に貢献する海洋生態学
         -第2回GLOBEC(地球規模の海洋生態系変動研究計画)公開科学会議- / 谷口 旭


学術会議日録
  • ・運営審議会報告 第1001回運営審議会の概要(平成15年10月9日)
  • ・月間記録(平成15年9月)


情報プラザ
  • ・学術講演会・シンポジウム等開催のお知らせ 2003年12月~2004年1月


    日本学術協力財団コーナー
  • ・私語公論:「日本病」とは成熟国家のしるし / 田中宏樹


    編集委員会から
  • ・投稿規定
  • ・編集委員会委員長後記 / 岩井宜子