Sample Company

出版事業―『学術の動向』2000年12月号

2000年12月号




をクリックするとJ-STAGEで内容をご覧になれます。


特集 日本学術会議第134回総会
第18期活動計画の全容
  •  第18期初の定期総会で「活動計画」を決定
         -日本学術会議第134会総会について- / 吉川弘之 ・ 吉田民人 ・ 黒川 清
  •  日本学術会議 第18期活動計画の概要
  •  日本学術会議 第18期活動計画
  •  日本学術会議 第18期活動計画策定のための基本認識
  •  第134回総会自由討議における資料
        俯瞰型研究とは何か:人工物システム科学の提唱と科学論のパラダイム転換 / 吉田民人


特集
第18期日本学術会議の活動計画と各部の抱負
  •  第1部 唯野(ただの)さんたちの憂愁と希望 / 板垣雄三
  •  第2部 法学・政治学が変わるとき / 戒能通厚
  •  第3部 第3部の理念:社会的貢献 “日本経済の最適再発展策”に向かって / 河野博忠
  •  第4部 『理科教育の振興』と『研連の再編成』を推進 / 大瀧仁志
  •  第5部 「蟻の目」と「鳥の目」の調和 / 冨浦 梓
  •  第6部 夢は大きく、議論は大胆に、実践は着実に / 山下興亜
  •  第7部 これからの医科学と医療 / 遠藤 實


論壇
  •  IAPにおける各研究項目の統合化~産業連関(一般均衡)論的俯瞰~
         -動学的産業連関プログラミング・モデルに依拠して- / 河野博忠


随筆
  •  複雑なシステムは設計できるか / 郷 信広
  •  児童虐待防止法制定に思う / 岩井宜子


表紙の画
  • ・夕日の丘の冬木立
      -セント・オーバンスにて / 宮坂富之助


オアシス
  •  コンゴ共和国ザイール河独自の漁法(ワゲニヤ)/ 祖田 修


研究連絡委員会の活動から
  •  シンポジウム
        モデル研究と統合科学
         -学術研究の新しい理念を求めて-
          -第3常置委員会の活動から- / 岩崎俊一
  •  医用生体工学は21世紀の医学・医療に貢献できるか
         -人間と工学研連医用生体工学専門委員会の活動から- / 金井 寛
  •  ポスト石油時代における生物資源の役割
         -第6部対外報告と研連活動から- / 上野民夫
  •  血小板減少症診療における最近の進歩
         -日本学術会議創立50周年記念公開シンポジウムから- / 外山圭助
  •  動植物のDNAマーカー選抜育種
         -第20回基礎育種学シンポジウムをめぐって- / 武田 元


国際派遣報告
  •  法学国際協会(IALS)
         -メルボルンでの年次大会- / 北野弘久


日本学術会議だより
  • ・第944回運営審議会の概要(平成12年9月21日)
  • ・第945回運営審議会の概要(平成12年10月12日)
  • ・第946回運営審議会の概要(平成12年10月20日)